馬場駿吉の漂着物日録

横断する様々な領域の岸辺で出会うもの、ことを言いとめる。

460人展参加中

ギャラリー矢田にて開催中の『460人展』に私も参加しています!


cosmology in a Box

”Cosmology in a Box” ミクストメディア、2012


ぜひ作品を見つけてみてください・・・


  1. 2012/05/03(木) 16:07:39|
  2. 美術
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:7

アトリエ訪問

瀬戸の伝統的な地区にある、栗木義夫さんのアトリエを訪問しました。

栗木邸

こちらはご尊父、技茶夫さんの客間。

すてきな春のひとときとなりました。
  1. 2012/04/21(土) 16:50:42|
  2. 美術
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

花の季節

みなさん、お花見は愉しまれたでしょうか?

さて、ここで一句。


<はなごろも


満開の桜―その中を逍遥するからだを包む衣裳の華やぎが、かえって私たちのいのちが一回限りのものであることを痛切に思い起させてくれます。

私たちの名古屋ボストン美術館は、今「時代を彩るファッション」展を開催中です。

  1. 2012/04/13(金) 13:55:55|
  2. 俳句
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

魔術

愛知県立美術館にて、「魔術/美術」展のオープニング。

魅力的な作品が、「魔術」というテーマの中で展示されています。

親しい美術作家、加納光於氏の作品もそのなかの一つ。常設展示の方もお見逃しなく!
  1. 2012/04/12(木) 17:20:02|
  2. 美術
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

REAR #27 出ました!

お待たせいたしました。
待望のリア27号が発刊されました。
特集1は「批評家はどこにいるのか」、特集2「現代陶芸と造形」。
ほかにも読むべき記事が満載です!



REAR27.jpg


  1. 2012/04/10(火) 15:54:02|
  2. 美術
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0
Next page

プロフィール

馬場駿吉

Author:馬場駿吉
俳人、美術・舞台美術評論家。医学博士。1932年名古屋市生。医学研究のかたわら句作。1960年代から、美術・舞踊・演劇・映像・音楽・文学などの現代芸術の最前線に立ち会い、評論やエッセイを幅広く執筆。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

俳句 (5)
美術 (17)
演劇 (0)
イタリア (0)
トリエンナーレ (0)
医学 (2)
生き字引語録 (0)
イベント (3)
書籍 (1)
音楽 (1)

ご訪問者さま

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR